モービルマッピングの導入で優れている点

モービルマッピングを測量に用いることで、短時間で精度の高い測量をすることが出来るようになりました。

従来の手作業の測量では通行を止めたりすることもあったのです。車両の上に3Dスキャナーと全方向カメラ・光センサー・GPSなどを搭載して、道路を走るだけでデジタルデータを取得できるモービルマッピングには様々な利点があります。位置情報に関連づけられた道路情報の取得にモービルマッピングは貢献しているのです。測量技術を精度を高めて位置情報として活用することができます。大きな利点は、作業面が簡略化されより精度の高い道路情報が得られることです。全方向カメラで取得したデータをGPS情報とマッチングさせることで、道路表面の問題個所の状態や周囲の道理施設の状況を把握できます。

モービルマッピングを導入することで、測量時間を大幅に削減することができるのです。車で走行するわけですから昼間の作業に限定することなく夜間の作業をすることもできます。搭載する機器は着脱可能になっていますから、あらゆる状況の現場の作業をカバーすることができるのです。撮影や計測を効率化させることが出来るので、コストダウンをはかることができます。航空撮影という方法もありますが、必要なデータを詳細な形で取得しようと思えばモービルマッピングの方が優れているのです。従来の測量手法と新技術を融合させた測量手段をとることで、精密な測量とコストのかからないデータを得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *