ドクターヘリは、どんなときに出動するか

ドクターヘリは、医師や看護師などの医療スタッフを救急現場へ連れていくヘリコプターで、初期段階の治療を行うための医療機器や医薬品が備えられています。

最近ではドクターヘリに乗り込む医師をモデルにしたドラマがあり、認知度が高まっているので、その存在自体はご存じの方が多いでしょう。ドクターヘリは、どんな場合に出動するのでしょうか。真っ先に思いつくのは、事故や災害などで傷病者が出ている現場でしょう。実際、ドクターヘリが導入されることになったのは、阪神淡路大震災の際に道路が寸断され、ヘリコプターがケガ人の搬送に使われたことがきっかけになっています。事故や災害以外でも、生命に危険が迫っているような状態のときには119番通報を通して出動します。具体的には、陸路だと搬送まで時間がかかりそうな重症者や、多発外傷・四肢損傷など一刻を争う治療を要する重傷者の場合です。

また、山間部や離島など医療過疎の地域にはすぐに通える医療機関がないことから、生命に関わるほどの緊急性がなくても出動する場合があります。救急車とは違い、医師と医療器具・薬品がそろっていて到着してすぐに治療を始めることができるので、緊急のケースや病院まで遠く離れているケースに有効です。ただ、ヘリコプターなので夜間は出動できません。利用した際の料金は、搬送については基本的に無料で、かかるのはヘリ内での治療費用のみですが、ヘリが配備されていない地域の人が他地域に搬送依頼した場合は有料になることもあります。とても頼りになるドクターヘリですが、出動の要否は消防本部や救急部隊が決定するので、一般人が直接要請することはできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *