ドクターヘリは命を救う

ドクターヘリはいち早く事故現場や道の悪い地域へ飛び、医師を救急現場へ連れて行くヘリコプターです。

このドクターヘリの機内には初期治療に必要な医療機器や医薬品などが装備・搭載されており、基地病院の敷地内で待機して出動要請があればすぐに応えることが出来ます。現場へ到着した時点で、フライトドクターは傷病者に対して速やかに必要な治療を行ない、その状態に対処出きる医療機関へ搬送する役目を担います。救急車との違いはドクターが一緒に搭乗していることで早期に治療を開始出来ること、そして患者を道路状況に関係なく医療機関へ搬送することを目的としている部分でしょう。ドクターヘリという呼び名は和製英語で、英語ではAirAmbulanceやHEMSといいます。ドクターヘリは119番通報があると救急車を現場へ出動させる一方で、基地病院へも要請します。

フライトドクターとナースがランデブーポイントに着陸すると救急車に乗り込み、直ちに患者の治療を開始します。学校や公園・空き地などにも着陸出来るようにヘリコプターは小型のものが使用され、現場出動のほかにもより高度な医療を必要とする患者のため、医療機関から別の医療機関へと運ぶ「施設間搬送」なども行います。ドクターヘリは緊急性のためのヘリコプターであると同時に、地方など医療機関の集約が進み家の近くに病院がなくなった地域や、大規模な災害に対処する活動にも大きな役割を果たす存在です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *