表現力に富んだメッセージを送ることができるMMS

スマートフォンを使ってちょっとしたやり取りをしたい時、メッセージアプリを使うと手軽で便利です。

しかしこのアプリは、送り先によっていくつかの規格を使い分けていることをご存じでしょうか。メッセージアプリが使用している規格は、SMSやMMS、iMessageなどです。送り先のアドレスなどにより自動で判断し、それぞれの規格を使ってメッセージが相手に送られるという仕組みになっています。中でもちょっと耳慣れないのがMMSと呼ばれる規格です。実はこれもメッセージを送るためのもので、従来使われてきたSMSに様々な機能を付加する形で登場しました。機能を追加しているため利便性が高く、送ることができるメッセージの種類もバラエティに富んでいるのが特徴です。大きな特徴としては、やり取りをするにあたってキャリアメールを使用することが挙げられます。

SMSでは相手の電話番号が使用されていましたが、この規格ではキャリアのアドレスを使用する形となります。通信会社が独自に用意しているメールのアドレスを使用するので、それに対応していない場合には使うことができません。ですが機能的には優れており、一度に送信できる文章が多くても大丈夫というメリットを持っています。長文を相手に送信したい時にはこちらを選ぶと良いでしょう。また、写真や動画などのマルチメディアファイルを送信できるのもこの規格の特徴です。テキスト文だけでは味気ないという方は、MMSを選んで魅力的なメッセージを作成してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *