MMSについての解説

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)とは、携帯電話端末を対象としたメッセージングサービスです。

従来のメッセージングサービスであるSMSのテキスト送信に加えて、画像や音声も送信することができます。カメラ付き携帯電話の普及によって画像データの送信の需要が高まったことで、業界標準を目指して策定されました。MMSの送信方法は、まず送信元がSMSで携帯端末にダウンロード先に関するデータを送ります。その後、そのデータに基づいて端末側が画像や音声をダウンロードします。ダウンロードにはHTTP方式が用いられます。送信先はメールアドレス宛にすることもできます。MMSの受信方式には自動受信と選択受信の2つがあります。自動受信はSMS受信からダウンロードまでを自動で行います。

この方式は容量の大きいデータを自動でダウンロードしてしまうため、パケットの消費が大きくなってしまいます。選択受信はSMSの受信の段階で端末に表示が行われ、画像データなどをダウンロードするかを任意で選択できます。この方式は意図しないパケットの消費を抑えることが可能となります。2つの受信方式は、ユーザーが選べる場合とキャリアによって固定されている場合があります。日本におけるMMSは携帯電話会社によって対応が異なっています。これはMMSの登場前から各社がキャリアメールを運用していたためです。登場後は対応を始めたキャリアもありますが、そのまま対応しないままのキャリアもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *