モービルマッピングの基本的な流れ

モービルマッピングは走りながら三次元の空間情報を計測することができるシステムです。

全方向カメラによって高解像度の映像を記録します。レーザー測量では周辺の距離を正確に計測することが可能です。それらのデータをGPS受信機によって得られた位置情報ごとに記録していきます。モービルマッピングで得られた空間データは、走行軌跡と共に解析されていきます。全方向カメラの映像は走行動画として、周辺にあるものを視覚的に認識することに役立ちます。レーザー測量は反射した地点までの距離が点で記録されていて、全てを合わせることによって点群データとなります。その点は建物や設備などの正確な位置や大きさを再現することが可能です。

GPS受診した位置情報は、車両位置となって全てのデータの起点となります。モービルマッピングの計測データは、後処理を行って3次元のデータとして利用できる状態になります。仮想現実と組み合わせることでまるでその場にいるような間隔になるようなイメージを提供することも可能です。映像を追加することで、計画されている工事の完成イメージを見せることもできます。レーザー測量で取得したデータは、数値の状態で比較することも可能なので、経年による変化を確認することに役立ちます。一度取得した情報を更新することで、変化を記録することも可能で、その後の変化をある程度予測することも可能なので、今後の事業計画などへの利用が期待されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *