モービルマッピングに必要な設備

モービルマッピングを構築するシステムは、基本的に3つになります。

一つは走行軌跡を記録するGPS受信機です。衛星から送られてくる位置情報を受信して、どのように移動したかを記録することが可能です。このデータが全ての情報の起点となるので、とても重要です。この技術はナビゲーションやスマートフォンなどでも利用されています。複数台の受信機を利用することで精度を上げています。モービルマッピングの視覚情報は全周囲カメラによって取得されます。360度の映像が見られるので、その場にいた時と同じイメージをみることが可能です。そのほかにも高解像度の映像を取得するために、画素数の高いカメラを搭載していることもあります。周辺の施設に書いてある文字情報を判別したり、設備の細かな部分まで確認する時に役に立ちます。走行奇跡と合わせることで、地図アプリのストリートビューのようなサービスを提供することが可能です。

精度の高い位置情報を取得するためにモービルマッピングに必要なのが、レーザー測量機です。レーザースキャナーとも言われるもので、パルスレーザーを一定間隔で照射して、その反射を受信して位置情報を取得します。一定の速度で移動するレーザーは反射して返ってくる時間でそこまでの距離を算出することができます。そのデータは反射点として記録されるので、複数合わせることで点群となり、空間に存在する物の位置や大きさ、形状までも把握することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *