モービルマッピングのデータ処理

モービルマッピングと言うシステムは。

走行することによる情報収集とその後のデータの処理をセットにして考えなければいけません。得られた情報はそのままでは動画と数値だけの集合体なので、それに意味を持たせるのが後処理の工程になります。ここで有効な情報に加工できることが、これからの需要に対応できるかどうかにかかってきます。モービルマッピングの走行軌跡はGPS受信機によって得られます。一定間隔で受信した位置情報は、全てのデータの起点となります。その点を0ポイントとしてレーザー測量の点群データを並べていきます。点群の構成されているものは、レーザーが反射した点なので、組み合わせることでそこにあったものが形成されていきます。この作業で点の集合体で空間が出来上がります。

モービルマッピングに搭載されている全周囲カメラや高解像度カメラは、点の集合体に映像を貼り付けるために使われます。棒状のものが電柱だったり、段差が縁石だったりとそれぞれがどのようなものかがはっきりします。レーザー測量の情報ではわからない看板や標識に表示されている情報も走行動画なら認識することが可能です。このように複数のデータを組み合わせることで、三次元情報を構築していろいろな分野に提供することが可能です。もちろん、それぞれのデータを個別に利用することもあります。後処理にはそれなりに時間がかかるため、その処理速度を上げることがこれからの課題になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *