モービルマッピングで取得したデータの活用

モービルマッピングで取得できるデータは走行軌跡や走行動画、点群などがあります。

これらのデータが移動するだけで収集できるので、効率よく空間情報を収集することが可能です。ただしこれらのデータはそのままで利用できるわけではなく、後処理と呼ばれる工程を経て、使えるデータとして生まれ変わります。モービルマッピングでは走行するだけで膨大な情報を取得しますが、そのデータをどのように使えるデータにするかと言う後処理が大切です。最も一般的に知られているのが、地図アプリで見ることができる周辺の映像です。まるでその場にいるかと思えるような視覚データを提供することができます。

これは走行奇跡と走行動画の利用によって作り出されます。三次元の情報が取得できるモービルマッピングは、仮想現実のイメージを作るのに役立ちます。走行軌跡の地点データを起点に点群データによって周辺の建物や設備の立体像を構築します。そこに走行動画から視覚データを取り出して貼り付けます。これによってまさにそこにいる感覚で、空間を認識することが可能です。このほかにも点群データだけを二次加工用の生データとして提供することもできます。リアルな映像を必要としない経過観察などであれば、それで十分です。走行動画と走行軌跡からマンホールや縁石の位置や状況の情報を提供することもできます。まだまだ歴史の浅い技術なので、用途は今後も増えていくことが期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *