モービルマッピングで可能になったこと

これまでの計測はスタッフが現地に行って、一つ一つ手で測り記録をとっていました。

時代は変わって機械を使って、より正確で高度な計測が行えるようになりました。それを可能にしたのがモービルマッピングです。次世代スマート計測器とも言うべきモービルマッピングは、高精度の情報を得ることができます。機材を搭載した専用車が道路を走りながら計測することで様々な角度から計測できます。専用車を見たことがあるならわかる通り、車の上部にアンテナや機械が取り付けられて映画に出てきそうです。航空写真の場合は上空から撮影した、一面のデーターしか得ることができません。

一方でモービルマッピングはピンポイントで詳細に効率よく測量することが可能です。モービルマッピングで可能になったことの別の点はスピーディーであることです。機械ですべて行うため、人の手で行うよりも断然早く計測できます。機材を搭載した専用車が走りながら作業をすることで、道路の使用許可書を得る必要がありません。その分もスピーディさに影響を与えています。測量しながら様々な計算をしてくれるので、多くのことをお任せすることも可能になりました。

当然すべてを機械にお願いすることは無理です。一つずつ確認したりまとめたりすることは人間にしかできません。航空写真の場合は必要のない範囲までも含めていたため、必然的にコストがかかります。モービルマッピングでは必要な部分だけを選択するので、コストを抑えて作業することが可能になりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *