精度の高いモービルマッピング

モービルマッピングは自動車の屋根にレーザー測量機やビデオカメラ、GPS受信機といったいろいろな情報収集機器を装備しながら走行し、機器から得られたさまざまな情報を記録するものです。

記録したデータは3Dデータなどに表示させることができ、施設整備計画やナビシステム、安全管理に利用されています。従来の情報として測量をしたとしても平面的なデータだけになるので、地図や航空写真などが中心でした。モービルマッピングの登場によって、三次元立体データとして活用することができるようになり、データ精度や活用の幅が大きく広がります。モービルマッピングのメリットについて、一括して大量データを取得することが可能です。通常の測量とは違っていて、得られたデータを自動に三次元立体データにも変換することができます。

情報収集の効率は大幅に上げることができ、都市計画や長距離道路、インフラ補修などにいろいろなデータを活用することができるようになりました。モービルマッピングは基本的に車両が走行できるところでしか、情報収集することができないようになっています。そのため道路周辺において障害物が多い場合、データの正確性が劣ると言えます。道路から見える範囲になるので、見えないような部分は取得できません。完璧なデータを作成することはできないようになっていますが、だいたいの道路の路面状況を把握するおとができ、大きな建物の外観や電柱の位置など、目印となるような情報はきちんと入手することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *