空撮の美点は斬新で個性的な映像が得られる点です

空撮のメリットは、ダイナミックな映像が撮影できる点にあります。

人の目線とはひと味違う、大迫力の距離感と斬新な角度の映像が記録でき、特にエンターテインメントの世界では空撮の素材が重宝されています。テレビドラマや映画、コマーシャル動画やアーティストのプロモーションビデオなど、空撮の映像素材は近年様々な媒体で活躍中です。航空機やヘリコプター、そして近頃ではドローンを使った撮影が行われています。いずれも独自のメリットがあり、求める映像素材や目的、予算などを考慮して、撮影方法を決めるのがセオリーです。大自然の広大な風景を、長時間にわたり記録したい場合は航空機による撮影が適しています。

大型の飛行機であれば長時間にわたり空撮が出来ます。北海道の自然風景を記録したい場合やサバンナの野生動物の生態を観察したい場合は、飛行機をチャーターし、プロカメラマンに同乗してもらい、素材を撮影してもらうのがベストです。一方で予算をできる限り節約したい場合、オリジナリティの高い映像素材を準備したい場合などは、ドローンを選択するのが理想的です。ドローンは他の手段に比べて経費が掛からず、専門のオペレーターと簡単な素材一式があれば、いつでもどこでもスピーディに撮影が始められます。トリッキーな飛行が出来るのも、ドローンの特長です。被写体との距離、カメラを向ける角度の自由度が高いのも利点です。今まで観客や視聴者が見た事がない、斬新な映像美を手軽に演出できるのがドローン空撮の美点であり、最も費用対効果の良い手法だと近年評価されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *