iPhoneならMMSを含む3つのサービスが利用可

iPhoneを使っている人も多いかと思われますが、iPhoneにはiMessageやSMS、MMSといった3つのメッセージサービスが利用できる製品もあります。

どのような種類でメッセージを送るのかはアプリが自動的に切り替えて行うので、利用する側がMMSやSMSなどを気にすることなくチャット感覚で楽しむことができます。ちなみに、iPhoneのメッセージアプリはiMessageを優先しますが、この機能は相手もiPhoneユーザーの場合であり、アンドロイドを使っているユーザーに送るときには自動的にSMSもしくはMMSに切り替えが行われる仕組みを持ちます。

メッセージを送信させようとしたとき、それがメールアドレスを使っている場合はMMSが優先となり、電話番号ではSMSが優先される仕組みになっています。なお、画像などを添付したメッセージを送りたいとき、従来であればメールアドレスを使って送信といったことが一般的でしたが、SMSについてはテキストのみの送受信ですが、これ以外は画像や音声、動画などを添付して送ることもできます。しかも、電話番号とメールアドレスのいずれかで送ることができるわけですから、相手により電話番号を知られたくないといったときでも安心ではないでしょうか。iPhoneを使っている人の中には、MMSはSMSと同じで画像を送ることができるもの、このようなイメージを持つ人も多いのはアプリが自動的に切り替えているためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *