MMSとSMSやiMessageの相違点

テキストチャットのような感覚で使うことができるメッセージサービスにはMMSやSMS、iMessageなどがありますが、これらはスマートフォンで使うことができる機能です。

ただし、スマートフォンといってもiOSとアンドロイドの2つがあり、iMessageはiOS上のみで使えるなどの違いがあります。簡易的に使えるのでこれらのサービスをフル活用されている人も多いかと思われますが、画像が送れなかったり相手により送ることができる文字数に違いがあって不思議に感じている人も多いのではないでしょうか。

SMSは電話番号を使って相手にメッセージを送ることができる機能、画像やデータファイルなどの送受信ができない、文字数は全角70文字以内(最近は最大670文字まで送ることができる機種も登場しています)などの制限があります。

これに対してMMSはキャリアのメールアドレスを活用して送受信ができるもので、文字数はSMSのような制限がなく写真や動画などのファイルを添付することもできる便利なメッセージサービスといえましょう。MMSはauおよびソフトバンクのみに対応しているもので、ドコモについては非対応です。そのため、MMSを使うときにはドコモを使っている人には送ることができないわけです。ちなみに、MMSは相手がauのユーザーさんの場合であればメールアドレスだけでなくSMSと同じく電話番号でメッセージのやり取りができるなどの特徴もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *