MMSは様々な分野に応用できる

MMSは地形の測定に非常に大きな効果を示すものとして注目されています。

これまでは地形図を作成するためのデータ取得には様々な工程が必要となり、その結果これらのデータを集積するために膨大な時間がかかるため、出来上がった地形図が実態と異なると言う場合も少なくありませんでした。作成をしているうちにその状況が変化し、出来上がったときには現場と異なっていると言うケースが非常に多かったのが実態です。これに対してMMSはいちどに様々な情報を取得することができるとともに、通信機能を搭載し取得したデータを即座に中央のシステムに送信する形となるためすぐに必要な情報を得ることができるのが特徴です。MMSのこの機能を応用して地形図だけではなく様々な分野への応用が行われています。

その一つが様々な道路交通情報への応用です。リアルタイムで渋滞情報を把握し、この情報を受信することができる機能を持ったカーナビに送信することでこれらの情報を利用者に提供したり、またはその情報を蓄積することで渋滞予測などを行うことが可能となっています。交通量なども把握することができるので、これらの情報も道路の円滑な運営や改善計画を立案するために役立てることができます。MMSは様々な情報を走行中の自動車を利用して測定することができるので、これを取り巻くいろいろなデータの取得をリアルタイムで行うことができるのが特徴です。その応用分野はこれからもさらに広がっていくと考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *