ドローンを使った航空レーザー計測のメリット

航空レーザー計測は航空機を使った計測手法の総称です。

ヘリコプターやセスナ機などの飛行機を使う、地上からレーザー光線を照射する、地表面でレーザー光線は跳ね返り再び航空機に戻ります。レーザー光線の発射から戻るまでの時間を計算すると地表面までの高さを割り出せる、これが航空レーザー計測の基本となるものです。

レーザー光線をスキャンさせることからもレーザースキャン計測と呼ばれることもありますが、航空機の位置情報を取得するため、誤差がとても小さいなどの特徴もあります。最近は、ドローンを使った撮影が行われることも多くなっていますが、これは航空レーザー計測においても例外ではありません。ドローンは無人の飛行機であり、人が立ち入ることができない場所での撮影にも威力を発揮してくれます。例えば、火山活動が行われている場所を撮影するときなど、ヘリコプターなどでは危険を伴いますし、火口の中での撮影の場合も有毒ガスの発生がありリスクを伴う、このような環境でもドローンであれば撮影ができるわけです。

ドローンは航空機よりも低空飛行を可能にするため、地形そのものの計測においても高精度に測ることができるメリットを持っています。ちなみに、ドローンにはデジタルカメラのようなセンサーを取り付ける、高度10メートル程度から数100メートルからレーザー光線を照射して地表面の高さを割り出し、3次元モデルに再現することで地形データを作ることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *