航空レーザー計測できるもの

航空レーザー計測という言葉をよく見聞きするようになりました。

この計測は地上だけでなく空中や水上も可能です。また道路や橋梁、鉄道などにも対応することができます。ダムや港湾施設、上下水道もそうです。災害が起こった際、発生現場で専用の航空機を飛ばして計測することもできます。航空レーザー計測のデータを加工することも可能ですから、自治体の防災業務を合理化にも繋がるでしょう。業務のコストや時間が大きく削減されるかもしれません。

防災だけでなく資産や農地の管理に活用する自治体もあります。高精度なデータを取得できる航空レーザー計測によって森林や沿岸、河川など地形を把握することもできます。航空写真では見られない木に覆われた所もレーザーで測れます。最新のレーザー計測器なら陸地から水中までシームレスに計測できます。レーザーが届かない水中深くは専用の船から音波計測します。

遺跡や史跡はたくさんの木が生い茂ったに地中深くに埋まっています。そのような遺跡や史跡もレーザーで測ることができるでしょう。専用の航空機に載せたセンサーで得る近赤外や熱赤外の画像を通し、見た目で判別が不可能な動物や植物の状態また温度分布を把握することもできるでしょう。正確な地形情報に加えてその物体が持っている温度など環境情報や現況写真などを取得することもできます。一度の飛行で同時に得ることができます。地上調査を加えれば自然環境や生態系の解析が進みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *