航空レーザー計測が用いられる自動車システムとは

日本はもちろんのこと、先進国では自動車社会となっていることから次々と自動車運転を快適にサポートしてくれるシステムが登場しています。

そのシステムのひとつである「カーナビゲーション」は、今や標準装備として一般車両に備わっているものです。1994年にアメリカで開発された「カーナビゲーション」は、当初はGPS信号のみで自動車の位置と目的地を測定して、おおよその距離を伝えていました。そのため、目的地までの誤差が生まれやすく、正確な道案内がおこなえないといった問題点が浮き彫りになりました。

ところが現在では寸分の狂いもなく正確に位置表示ができるようになりましたが、これを可能にしたのが航空レーザー計測による精密な測量結果をシステム化したからです。航空レーザー計測とは、航空機からレーザーを照射してターゲットまでの位置を正確に記録する測量のことを指します。広域をカバーできるのはもちろんのこと、ビルや公園などの高さ・広さを正確に記録して体積もデータ化できるので、今では国土地理院が発行している地図の製作にも使用されている計測方法です。

カーナビゲーションにもGPSの補助機能として航空レーザー計測で得られたデータを組み込んでおり、GPSで得た位置情報を補正して表示することがきます。航空レーザー計測は2000年に日本で誕生した新しい測量技術です。この測量技術は土木調査だけでなく、自動車システムも飛躍的に向上させるきっかけとなり、今ではドライバーにとってなくてはならないツールとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *