空撮にはどんな方法があるか

上空から写真や動画撮影をすることを空撮といいますが、これらには実に様々な方法があり、目的に合わせてベストな方法をチョイスしていきましょう。

一般的によく知られている航空写真の撮影方法は小型機あるいはヘリコプターでカメラが内蔵されている機体を使うか、あるいはカメラを持ち込んで任意の場所で撮るという方法ですが、この方法の場合には上空の高いところから撮れるというメリットは有りますが、飛行機やヘリをチャーターするお金が必要になります。この他の方法としてはドローンを飛ばして撮影する方法があります。

ドローンとは4つのプロペラが付いたヘリコプターのようなラジコンの撮影機であり、任意の場所に飛ばして風景を撮影できるので、素人でも空撮を行なうことができます。ドローンの場合にはあまり高いところに飛ばすことはできないものの、人が立ち入ることが難しい場所や、海上や山の上など特殊環境の撮影にも適しているので、空撮の手段としてこの撮影法を選ぶ人も少なくありません。

機材を揃えるためには購入する方法もありますが、レンタルで使う方法もあり、飛行機やヘリをチャーターするほどの撮影費用はかからない特徴があります。現代では非常に身近になっている空撮ですが、撮影したい範囲や場所などに合わせて方法を選んでいくことが一番です。ドローンの場合でも、航空機を使った撮影の場合でも、費用がかかることは事実ですので、用意できる予算などにも合わせましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *