空間情報はさまざまな形で活用されています

空間情報は空間上の特定地点や区域位置を示す情報と、それに関連付けられたいろいろな事象に関係する情報のことを意味します。

位置情報だけから情報を言うこともあり、エリアにおける自然や災害、社会経済活動といった特定テーマについて、さまざまな状況を表現することが可能です。例えば土地利用図や地質図、ハザードマップや都市計画図などが対象で、空中写真や衛星画像といった多様な情報があります。空間情報は位置情報をポイントにして、異なるデータを合わせることによって分析の活用に利用することが可能です。

いろいろな主体により整備されるデータ間において、位置情報の整合が図れている必要があります。このため空間情報を対応づけるため基準になる基盤地図情報について、整備したり更新する必要があるでしょう。基盤地図情報は電子地図上において空間情報位置を定めるよう、基準になる測量の基準点や海岸線、公共施設の境界線や行政区画などが対象になります。

電磁的方式によって記録されたものになり、電子的な情報として活用することが可能です。空間情報の整備に対して基盤地図情報を活用することによって、相互活用を行うことができるでしょう。この情報を活用した次世代情報基盤の利用が研究されていて、地方自治体などにおいて建設行政における活動方策やデータの相互利用などを進めていて、国土地理院などが中心になって推進するにおいて発生するいろいろなトラブルを解決したり、必要な技術の開発などを行っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *