地図上で関連付けることで意味ある空間情報

地域・空間に関係づけられた情報のことを空間情報と呼びます。

地図を使って新しいサービスを創出したり、様々な業務のオペレーションを革新していくことができるのです。ビジネスモデルでは、単体としてのサービスにとどまらず、複数のサービスへの広がりを構成することができます。別の言葉で表現すると、「点」ではなく「面」で戦略をたてることができるのです。位置情報と結びつくことで情報の精度を高めることができ、その情報を使った各種の取り組みを創出することができます。

位置に関する空間に関連づけられた空間情報を利用することで、今まで点でしか捉えていなかった情報が集約されることになり、地域全体で空間情報を活用することができます。スマートフォンやインターネット等のICTを介して他の製品やサービスと結びつけることによって、「点」から「面」への変化と密接に関係づけができるようになるのです。既存の製品やサービスを位置情報と関連付けることで複合的な面としての強みに変えていくことができます。

ビジネスモデルが、新たな差別化を生むような源泉として期待されているのです。空間情報をうまく活用することで、後々のサービスにつなげたりアフターフォローというビジネスには欠かせない業務に発展させることもできます。空間情報を活用する企業は、ビフォアーやアフターを視野にいれた幅のある戦略をたてることができるのです。「面」の戦略によってビジネスがより革新的なものになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *