空間情報と具体的な使用例

スマートフォンの普及といった多岐に渡る情報を身近に手にとることが可能になった現代では、空間情報というものが注目されています。

これは、地理や空間に関係づけられた位置関係のデータを元に具体的な情報を指すことです。例えば、なにげなく撮影した写真があったときに写っている背景から正確な場所が特定出来るなど、これらに付随する意味合いもあてはまります。また、身近なものとしては道路や看板といった地表面に存在し、そこから表したい事柄を読み取ることが可能であったり、周囲の状況の判断材料になるものです。

これらは現在では日常に溶け込んでいる何気ないサービスになっており、空間情報ビジネス市場は盛り上がりをみせています。そこでどのような使用例があるのかを解説してきます。車を頻繁に利用する方にとってはカーナビが最も近い存在です。最先端の技術を組み合わせたケースではARがあり、観光情報をその場に行かずとも仮想的に体験することが可能です。

このように、他分野の最先端技術を空間情報ビジネスを両方取り込むことにより、私たちの生活は日々進化しています。いまでは当たり前になりつつあるGPSも元はこの手法がとりこまれていて、地図上で目的地までの道のりを把握することが可能なだけだく、事故や災害がおきた場合に詳しい現場の状況を写真を含め第三者が把握することも可能です。そしてSNSでも欠かすことのできないようそとなりつつあり、便利な反面問題もかかえています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *