航空レーザー計測の特徴

航空レーザー計測とは専用の装置のレーザー光を地表に照射し、その反射時間から距離を測るといったものです。

進行方向に対して横にスキャンさせるゆえレーザースキャナとも呼ぶことも多いです。レーザー光は地表や樹冠に反射します。レーザースポットは円形の面で、樹冠だけでなく色々な所に反射してから、最後に地表に反射します。最初の光はファーストパルス、最後の光はラストパルス、その間はアザーパルス、それぞれの高さを高精度で検出することができるでしょう。注意点として、葉が覆い茂った照葉樹ではレーザー光が地上まで達しないかもしれません。

その場合はデータを得ることはできません。普通の地図のように地表の高さを示したい時は、樹木や建物の高さを取り除くフィルタリングという作業をする必要があります。樹木や建物の高さを把握することができる陰影段彩図についても説明しましょう。高さのデータにおいて、高い所を赤、低い所を青、その間をオレンジ、黄、黄緑と連続表現したものです。

影もつけます。水中地形も航空レーザー計測が可能です。専用の測量船に音響測深機を設置して、発射した音波の反射時間から距離を測ります。測量船が入れない浅瀬や岩礁は航空レーザ測深機で計測します。この航空レーザー計測を素人が自分で正確に行うことは難しいかもしれません。必要に応じて、プロの業者に依頼してください。モニタリングをする必要がある場合も業者に相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *