航空レーザー計測とは

近年では正確な計測を行うための様々な方法が用いられています。

その中でも大きな規模の距離を測る際に便利なのが航空レーザー計測です。航空レーザー計測ではレーザー光を発射し、その光が反射して戻ってくる時間差を調べて距離を測定する仕組みが採用されています。その構造からレーザースキャナと呼ばれることもあります。計測できる範囲は機器の性能によるところがありますが、基本的には1、000mほどの高度まで計測することが出来ます。航空レーザー計測は樹木や建物の高さを測る際にも用いられます。

地上と樹木の上部にレーザーを照射し、その距離差を算出することにより正確な高さを求めることが出来ます。航空レーザー計測を行うとフット・プリントと呼ばれる画像を作ることが可能です。このフットプリントをパソコンで読み取ることにより、詳細な情報を得ることが出来ます。航空レーザー計測を行って得られるフットプリントには青や黒で映し出される部分があり、ここは上手く計測が出来ない部分となります。

その部分は再び計測をし直すことで正確な結果を得られます。光を用いた計測なので温度や風などには強く、反射しにくい素材に弱いのが特徴です。地表の高さを示したい場合には、樹木などの高さを取り除くことが重要となります。この作業はフィルタリングと呼ばれていて、地図を作成する際などによく行われます。樹木面で反射するものをファーストパルス、地表面で反射するものをラストパルスといいます。その間で反射する物はアザーパルスと呼ばれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *