航空機による上空からのカメラ撮影で地形の調査

大規模な地形の調査を行う場合は、航空機を利用した方が効率的です。

地上からカメラで撮影しても、地形の全体像が分かりません。特に足場が悪い郊外の場所は、航空機をフル活用して空から撮影した方が安全性の面でも合理的です。自然の森林や野山や崖などは時間経過と共に微妙に、姿かたちを変化させていきます。航空写真が街の資料館や自治体の倉庫に残されていたとしても、その様子が昭和時代のものでは、参考にし難いです。新しい建物が建設されていたり、反対に今まであった障害物が風化で消えていたりと、時代の流れで環境が大幅に変わっている可能性が高いためです。

災害対策の基本は今現在の地形の様子を正しく把握し、正確なデータに基づいて危険な箇所を補修したり、ハザードマップを作成する事です。航空機をチャーターし、専門のカメラマンに同乗してもらえば、今現在のリアルな街や自然環境の様子が撮影出来ます。一般的なスマートフォンやデジタルカメラでは、上空から地域一帯を正確に撮影する事は難しいです。

航空写真の専門カメラマンなら、特別な機材一式を揃えています。そして揺れる機内からでも、綺麗に撮影する技術を持っています。鮮明な航空写真が大量に入手出来れば、社内のスタッフと地形情報の共有とアップデートが出来るでしょう。最近では一般的なヘリコプターや航空機による飛行に加えて、ドローンによる空撮も広がって来ました。既存の方法よりも手軽でローコストで進められるのが、ドローンカメラの利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *