航空機の撮影で必要なカメラを選ぶコツ

航空機をカメラで撮影しようとしたら、米粒くらいの大きさにしか写らなかった経験はありませんか。

普通のスナップ撮影とは違って航空機はコツやポイントがあり、その中でも機材選びが大切になります。飛行機を撮ろうとすると、遠くからカメラを構えることになるので注意が必要です。航空機は動いているので、カメラ自体を動かしながら撮影することになります。三脚を使っては上手く動けなかったり、飛行機を追うことが難しくなるので、なるべく小型のカメラで、レンズも軽量なものを選びます。さらに遠くからでも効果的に撮影出来るものを選ぶのがベストです。購入する前にはカメラの重さを調べて、構えて撮れることが出来るか確かめておくと安心です。

アイテムが軽ければ撮影が楽になるだけでなく、持ち運びも楽になるので一石二鳥です。飛行機専用のアイテムで重要となるのが、AF精度と連射機能です。AF精度はオートフォーカスのことで、自動的にピントを合わせてくれる機能になります。常に動き続けている飛行機に焦点を当て、いかに早く食いつくのか調べます。この性能が高ければ高いほどピンボケを防ぐことができ、きれいな写真に出来上がるかもしれません。連射の機能では機体の姿を一瞬でも逃さないためにも大事な性能です。障害物がない場所を飛ぶ航空機を確実におさえるためにも、連射精度も高いアイテムを選ぶのがポイントです。1秒間に何枚の写真が撮れるのかしっかりチェックしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *