空間情報の意味と利用方法

空間情報はその空間の様々な情報を効果的に取り扱うための考え方となっていますが、注意しなければならないのはこれを利用する際に適切な利用方法を考慮しなければならないことです。

その理由は、さまざまな情報が氾濫しがちな現代の中では、あまりにたくさんの要素を与えすぎてしまうと利用者が混乱し、適切な効果を得ることができないと言うデメリットがあるためです。しかし高い効果を得られるものと言うことから、近年では過剰に情報を詰め込みすぎる傾向があるのが実態です。最近では空間情報を様々な用途で利用しているケースが少なくありません。スマートフォンのアプリなどで目的とする店舗の場所を検索する際には、その周辺の様々な店舗の情報が同時に表示されることが多くなっています。

これは検索された位置情報に付帯してその周辺の様々な店舗の情報を空間情報で結びつけ表示しているものとなっていますが、この場合にあまりに多くの情報を与えすぎると利用者が混乱してしまうことが多くなっているのです。空間情報は基本的には位置情報にその他の情報を加えた形で表現されますが、その情報の内容には特別な定義はありません。そのため情報を提供する側は様々な要素を詰め込みたくなってしまうのですが、これでは与えられた側は混乱をしてしまうことが多いのです。利用者の欲しい情報を適切に提供するために、その利用法を想定して設定することが、効果的な空間情報を提供することにつながるため、節度ある利用を心がけたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *