Skip to content

ビットトレードの特徴について

ビットトレード株式会社が運営している、ビットトレードという仮想通貨の取引所があります。

設立されたのが2016年ですが、その翌年には金融庁に然るべき申請を行い、仮想通貨交換事業者として認可を受けています。

これはセキュリティがきちんとしているところでないと認可されないため、安全に取引できる取引所かどうかを判断する一つの指標になります。

日本国内では取引できるところが少ない通貨も扱っています。そのためもしもビットトレードを利用しようか考えているなら、まず扱っている通貨を確認してから判断すると失敗が少ないです。

ただし、こちらでは仮想通貨の販売は行っていません。すべての通貨は取引形式で行うことになるのを頭に入れておきましょう。そして最大の特徴とも言えるのが、ここではアルトコインの取引が可能な点です。

利用する際には手数料が必要になってきます。しかしその分スプレッドが低いですから、取引のやり方によっては他社を使うよりもビットトレードを選ぶ方が得になることがあります。

加えて仮想通貨を取引できる際に、多くの人が気にするであろう安全面ですが、IDやパスワードを使っています。それ以外にもセキュリティに力を注いでいて、可能限り不正にログインをされることを防いでいます。

また、パソコンでは使いやすいのに、スマートフォンになると途端にチャートが見にくくなる場合もあるのです。ところがビットトレードではスマートフォン用のウェブインターフェースを独自に開発しているので、その心配がありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です