Skip to content

ビットトレードとはどんな取引所か

ビットトレードとは、ビットコインやイーサリアムといった時価総額の高い主要通貨に加えて、リップルなどのアルトコインを含め、六種類の通貨が取り扱われている取引所のことです。

アルトコインに関しては、日本国内でも扱っている取引所がまだまだ少ないため、まさに注目の取引所と言うことができます。

そのように高い注目が集まっているビットトレードは、2017年9月29日より金融庁の仮想通貨交換業者として登録されました。これによって、取引所の評価が上がることは間違いないでしょう。

ビットトレードのセキュリティー対策については何と言えるのでしょうか。ここでは、非常に徹底した対策が講じられていると言うことができます。

例えば、マルチシグやコールドウォレットを利用した保管に加え、SNSのアカウントを利用したSNS認証や、セキュリティーコードを利用した2段階認証などが導入されています。

これらによって不正なログインを防ぐことができるのです。さらにビットトレードは、仮想通貨の販売ではなく板取引が行なわれることになっています。

そのため、スプレッドつまり購入価格と売却価格の差が少ないことになります。一般的に言って、販売所でスプレッドが3から8パーセント程度に設定されていることに比べたら、板取引のビットトレードではスプレッドがほとんど存在しないと言ってもよいほど低いのです。

そのため、アルトコインの販売所を利用するよりもここで板取引する方がお得であると言えるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です